義父は定年をしてから義母とよく旅行に行くようになりました。写真を撮ってくるのですが、必ず説明文も撮ってきます

旅行のお土産は時前に嫌いな物を聞いておく
旅行のお土産は時前に嫌いな物を聞いておく

義父が旅行に行くと必ず説明文の写真が撮ってある

義父は去年定年を迎えて家にいるようになりました。義両親は共働きで義母はまだパートで働いています。でも、二人でよく旅行にでるようになりました。義父は仕事一筋の人で、子育てを義母に任せっきりだったので定年してからは奥さん孝行をしようと思っていたそうです。その一つとして、旅行があったようです。義父は旅行に行くと写真をたくさん撮ってきます。それを遊びに言った時に旅行の思い出話と一緒にその写真をみせてくれます。

私も何度かみせてもらったことがあります。義父と義母がすこしかしこまっている写真をみていると少しほほえましく思えます。でも、そういう写真の中に必ず記念碑などが写真に撮られています。しかも、その記念碑とは別の写真に説明分のみの写真もあります。義父は旅行のお土産話をするときにわすれてしまっていると困るから、説明しやすいように写真をとっているそうです。でも、本当は周りの人はそれほどその記念碑に興味はないし、気になるならネットなどで調べればすぐに詳しくしらべることはできます。でも、義父の得意げな顔をみていると誰もそのことは言えません。義父の楽しみを奪うようなことは誰もしたくないとおもっているようです。

お役立ち情報

Copyright (C)2018旅行のお土産は時前に嫌いな物を聞いておく.All rights reserved.